生前贈与

HOME > 生前贈与

生前贈与

贈与税がかかるとき

贈与税は生きている個人の財産をもらったときに、もらった個人にかかる税金です。申告書の提出と納税の期限はもらった年の翌年3月15日までになります。また、贈与税がかかるのは、個人間の贈与のみです。会社が個人から財産をもらった場合、会社には贈与税ではなく法人税がかかります。同じように、個人が会社から財産をもらったときは、贈与税ではなく所得税がかかります。   seizen01 seizen02

特殊な契約

1.定期贈与
定期に一定の給付をする贈与です。ただし、贈与者又は受遺者の死亡によって、その効力を失います。
2.負担付贈与  
贈与に負担が付いているものです。受遺者は、財産をもらう代わりに、一定の給付を負担します。負担付贈与については、双務契約に関する規定を準用します。
3.死因贈与  
贈与者の死亡によって効力が生じます。その性質に反しない限り、遺贈に関する規定を準用します。

生前贈与と死因贈与

死因贈与には相続税がかかり、生前贈与には贈与税がかかります。この2つの共通点は、財産をあげる人ともらう人の双方の合意のうえに成り立っているということです。 seizen03 生前に「贈与」をすることは相続においてとても有効です。正しく手続きをすれば、相続対策として効果があります。

生きているうちから、本人の意思を反映する

生きているうちから財産を贈与する手続きをとっていれば、財産は受遺者のものになるため、いわゆる「争族」の防止につながります。また相続と違う点は、生きているうちから自分の意思を反映し、贈与した財産を自分で確認することができます。

相続人でない人への贈与も可能

財産は原則として法定相続人に相続されるため、その他の人が受け取ることはできません。しかし、贈与であればそれ以外の人にも財産を取得することができます。またこの場合は、相続開始3年以内のものであっても贈与を受けた人が、相続または遺贈での財産取得でなければ、生前贈与加算として財産に課税されません。

生前贈与の注意点

生前贈与で失敗しないために、以下の点に注意しましょう。
1.贈与税と相続税の節税額の分岐点を確認する。
2.遺産分割のトラブルとならないように注意する。
3.契約書を作成し公証人役場で確定日付をとっておく。
4.相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は財産として加算されることを知っておく。


無料メール相談
概要
アクセス
information
司法書士法人 クローバー総合事務所