生前、会社を経営していた父親が2年ほど前に死亡したが、最近になり、サービサー(債権回収会社)から1億5000万円もの請求書が届いた…

ご相談の状況
2年ほど前に死亡した父親の名義で地元の金融機関から1億5000万円もの借入があり、最近なってサービサー(債権回収会社)からその請求書が届いたとのご相談。

提案内容    スペシャルパック(3ヶ月経過後)

含まれる業務  戸籍・住民票等の必要書類の取得、相続放棄申述書の作成・申立て、
家庭裁判所からの照会書への対応、債権者への通知を含めたサポート

結 果

相続放棄が認められました。

相続開始から3ヶ月経過し、かつ、相続人となったことを知ってからも3ヶ月を経過しているという事案でした。
相続放棄の手続きを進める中で、数十年前に相続人の一部が被相続人の経営していた会社の役員であった時期があったことや、被相続人が所有していた旧年式の自動車を、被相続人が死亡後も利用していたことが分かり、相続放棄が認められるのか、とても微妙な事案でした。①被相続人が死亡した当時、1億5000万円もの債務の存在を知っていれば、相続放棄をしていたであろうこと、②被相続人が死亡した後も最近になるまで債権者からの請求がなかったため、債務(借金)の存在を把握できなかったこと、③そのような状況下では被相続人の相続財産を詳細に調査することは、現実的に期待できないこと等を説明し、相続放棄を受理してもらうことができました。