相続放棄の申立が、不受理になってしまい、相続放棄ができなかった。

 

まだあきらめないでください。

このような場合、家庭裁判所の相続放棄を認めないとする判断に対し、

即時抗告をすることによって、相続放棄が認められることもあります。

 

相続放棄の即時抗告とは、相続放棄を認めないという家庭裁判所の判断が不当であるとして、

上級裁判所である高等裁判所に対して不服申し立てをすることです。

特に、弁護士や司法書士などの専門家が関与せずに、ご自身で相続放棄の申立をした場合などは、

相続放棄を認めてもらうために、家庭裁判所に対して伝えなければならない事情や情報を、

うまく伝えられていなかったりすることもあります。

あきらめずに、ご相談ください。

 

相続放棄、借金の放棄に関するご相談は

無料で受け付けております。

 

 

フリーダイヤル 0120-96-2209

相続放棄に関するご相談はこちらまでお電話ください。