亡くなった夫が借入りていた債務について、借入れをしていた金融業者の代理人弁護士から督促状が送られてきたことによって、亡くなった夫に債務があったことをはじめて知ったという事例でした。
当事務所にご相談にお越しいただいた時には、すでに相続開始から3年以上経過していましたが、諸事情を家庭裁判所に説明し相続放棄を認めてもらうことができました。
その後、当事務所から金融業者の代理人弁護士に「相続放棄申述受理証明書」を送ることにより、相続人に対する督促は止まりました。

このように、相続開始から3年以上経過してしまっている場合でも、相続放棄が認められる可能性は充分あります。
また債権者に代理人弁護士が付いていたとしても、相続放棄が認められる可能性は充分ありますので、あきらめずにご相談ください。