相続放棄のご相談に来られる方の中には、債権者から催促書が届いたのに、亡くなった方の借金なので自分には関係ないと思い込み、放っておいたという方もいらっしゃいます。
しかし、債権者からの通知や催促書、督促状がを放っておくことは、とても危険です。
債権者から通知や催促書、督促状が届いたということは、被相続人に債務があることが分かってたのに、3ヶ月以内に相続放棄の手続きをすることを怠ったと、裁判所が判断する可能性が高くなります。そのため、債権者から通知、催促書、督促状などが届き、被相続人に債務があることが分かったら、できるだけ早めに相続放棄を検討してください。どんなに遅くとも、債権者から通知、催促書、督促状が届いてから、3ヶ月以内には相続放棄の申請をすることをお勧め致します。