リバースモーゲージ(老後の資金は大丈夫?)

HOME > リバースモーゲージ(老後の資金は大丈夫?)

リバースモーゲージ(老後の資金は大丈夫?)

資産の有効活用をご提案します!
リバースモーゲージを利用して、ゆとりのあるセカンドライフを送りましょう。

 

 

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは、いわゆる「逆抵当融資」です。持ち家など資産はありながら現金所得の少ない高齢者などが、これを担保に毎月定額支給の形でお金を借り受け、死亡したときに持ち家などを処分して残高を一括で返済する、という仕組みです。

リバースモーゲージが注目される背景

高齢者にとっては、年金代わりに活用できるという利点があるのに、日本ではあまり知られていないのが現状です。今後、高齢・少子化がさらに進み、年金を受け取れる年齢も延ばされ、受け取る年金もさらに減らされ、年金だけでは暮らせなくなるかもしれません。

そのような状況に備えて、かなりの預貯金があればよいのですが、そういう人ばかりではありません。また、同時に自分の子供たちは40代、50代となり、その子供たちは自分の子供の教育費や住宅ローン、そして老後の蓄えなどさまざまな問題を抱えています。

したがって、以前のように「親の面倒は子供たちが見るのは当然」ということにはいかず、高齢者自身が自立しなければならないという状況になっています。

リバースモーゲージの長所

今現在、日本で暮らしているほとんどの人が、現金・貯金を別にすると不動産(土地、家屋)を所持しているという状況にあります。その不動産を担保にして、引き続いて住み続けながら資金の提供を受けることができ、さらに生活資金や福祉サービス費用に充当することができます。

リバースモーゲージの問題点

  1. 子供(相続人)との了承が得られず、トラブルに発展する恐れがある。
  2. 担保の対象とならない不動産もある。
  3. 思った以上に長生きすることで、融資が膨らみ担保不足となる。
  4. 土地の価格は下がり続け、担保不足となる。
  5. 金利が上昇することで、担保不足となる。

以上のように、さまざまな問題がでてくるため、特に民間金融機関は積極的に取り組んでいないようです。リバースモーゲージ制度は、金融機関や各自治体にお問い合わせください。

リバースモーゲージ利用者のイメージ

  1. 現金・預貯金がほとんどないが、土地家屋を所有している。
  2. 年金だけでは生活が非常に厳しい。
  3. 子供の生活資金援助がないもしくは期待できない。
  4. 子供がいない。
  5. 夫婦のみ。
  6. 同居人がいない。

あなたのその資産、眠らせていませんか?
ゆとりのあるセカンドライフを送ってみませんか?

リバースモーゲージを利用することで、金銭的なゆとりも生まれ、より充実したセカンドライフを送ることができます!
今現在の生活が苦しいという方は、是非検討されてみてはいかがでしょうか。

【リバースモーゲージイメージ図】

reverse01

◆リバースモーゲージと一般住宅ローンの比較

  リバースモーゲージ(逆抵当融資) 住宅ローン(一般抵当融資)
目的 現金収入を増やす 住宅を購入する
融資 月払いで分割融資 契約時に一括融資
返済 契約期間終了時に元利合計を一括返済 契約期間中に元利合計を分割して定期的に返済
契約終了時 資産小またはなし、負債大 資産大、負債なし

リバースモーゲージの仕組み

リバースモーゲージの流れ

reverse02

以上のように最大の特徴は年金のように毎月一定額を融資し、死亡時あるいは契約期間満了時まで、返済は猶予されるという点です。返済資金は自宅売却によって賄います。

リバースモーゲージの時間経過と借入金残高イメージ

reverse03

通常融資とは反対に借入金の残高が時間経過とともに増加します。この意味で「リバース(逆)モーゲージ(抵当融資)」と言われています。

*参考(通常の融資)
reverse04


無料メール相談
概要
アクセス
information
司法書士法人 クローバー総合事務所